カードローン限度額目安とはどの程度の額のことですか

カードローンを申し込むときには希望の借入限度額を記入しますが、必ずしも希望通りの金額で契約できるわけではなく限度額を決定するのはカードローン業者となります。消費者金融会社や信販会社などの貸金業者の場合には、総量規制の適用を受けるため融資できるのは年収の3分の1までという制限があります。貸金業者ではない銀行系カードローンは、総量規制の対象外ですので独自の審査判断で融資額を決定することとなります。従って、貸金業者では年収の3分の1までしか借り入れできなかったとしても、銀行カードローンの場合にはこの限りではなく3分の1を超える融資の可能性もあるわけです。
もちろん、独自の判断とはいっても銀行カードローンならいくらでも借り入れできるわけではなく、どちらかといえば消費者金融系よりは厳しい場合が多いようです。それでは、銀行カードローンの限度額目安とはどうなっているのでしょうか。銀行の場合には、年収の何割までなどという基準はありませんが、個人差はあるものの総量規制同様に年収の3分の1というのは審査時に意識される水準となります。
ただし、現実的には貸金業者の場合には初回の借入時には50万円までというのが一つの目安となっており、その後の取引状況に応じて増額できるということになっています。また、銀行カードローンもおまとめローン的な資金使途など以外のケースでは50万円というのは初回借り入れ時の目安となっています。