金利が安いカードローンの魅力について

カードローンを選ぶ時には金利を比較する事が大切です。

銀行は定期金利のカードローンを用意していますが、銀行により様々であり、実質年率を比較してより安いものを選ぶ事で月々の支払に含まれて来る利息分が少なくなると言うメリットに繋がって来ます。

因みに、カードローンは毎月決められた金額を返済するリボルビング方式が採用されており、返済元本に対して利息がかかるもので、借入残高が減少する事で支払利息が減少すると言った特徴を持ちます。

これを計算式にすると、「借入残高×金利×借入期間=利息」と言う事になり、これを残債方式と呼んでいます。

また、リボルビング方式は毎月1万円や2万円と言った返済額が定められて返して行くことになるため、より多くのお金を使った月、使ったお金が少なかった月などに関係なく、定額の支払いになるため、使い過ぎてしまう事も在る事からも返済計画や自己管理をしっかりと行っておくことが大切です。

尚、カードローンでは利用限度額が審査で定められるのが特徴で、銀行の場合と消費者金融の場合では利用限度額に違いが出て来ます。

これは消費者金融には総量規制が在る為、年収の3分の1を超えた利用限度額で申し込みをしても審査に通らないと言った特徴が在りますが、銀行の場合は総量規制の対象外となるため、支払能力が在ると判断されることで年収の3分の1を超えた利用限度額になる事も在ると言った違いが在ります。

そのため、利用限度額や金利などについて比較をして決める事がお勧めです。