消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いについて

すぐにでもお金を用立てなくてはならない状況になってしまったときに面倒な手続きをする必要がなく、消費者が即日でお金を借入れる手段としては消費者金融のキャッシングか銀行カードローンがあります。消費者金融のキャッシングも銀行カードローンも消費者に対して少額の融資を行っているという点ではサービスの内容に大きな違いはありません。
しかし、キャッシングとカードローンでは大きな違いもあります。それは総量規制の対象となっているか、それともなっていないかという違いです。まず、キャッシングの場合、このサービスは総量規制の対象となっています。そのため、キャッシングでは融資を受けられる限度額は最大でも消費者の年収の3分の1までとなっています。これは借入が一件もない場合の数値なので、すでに他の業者から借入があるという人は融資を受けられる限度額はもっと低い数値となってしまいます。つまり、収入の低い人の場合、キャッシングでは総量規制による制限を受けてしまい自分が希望するだけの金額の融資を受けられない可能性があるのです。
それに対して銀行のカードローンの場合、このサービスは総量規制の対象とはなっていません。そのため、年収の3分の1を超える金額であっても審査の結果次第では融資を受けることが可能になっているのです。また、キャッシングと銀行カードローンを比較した場合、カードローンの方がより安い金利で借入が出来るという特徴があります。