所得証明不要のカードローンについて

カードローンの申し込み方法は申し込み先の銀行や消費者金融などにより様々ですが、パソコンのインターネットや携帯電話、スマートフォン、無人店舗の自動契約機、書類の郵送、電話、店舗窓口など色々な申し込み方法を用意している事、ウェブ完結申し込みなら来店不要で契約まで交わし、即日融資を受ける事も出来ると言う利便性が在ります。

カードローンのお金の使い道は、住宅ローンやマイカーローンなどとは異なり、原則自由になっているため、旅行や引越し、家具や家電品購入、エステサロンの費用支払いなど、幅広い用途で利用が出来ますし、利用限度額の範囲内で繰り返しお金を借りることが出来ると言うメリットも在るため利用される人が多くなっています。

即日融資は急にお金が必要になった時に役立つ存在になってくれますが、申し込み時の希望額が一定額未満であれば所得証明書の提出が不要で、運転免許証などの本人確認書類のみで審査を受ける事が出来ると言ったメリットも在ります。

銀行の場合は、金融機関毎に所得証明書の提出が不要になる金額が定められていますが、消費者金融の場合は50万円を超えた場合と借金が在る場合には申し込み額と借金の総額が100万円を超えた場合には必要になると言った特徴が在ります。
しかし、銀行の場合は200万円まで、300万円までは所得証明書の提出が不要になるなど、低金利のカードローンを利用される人、サイトを利用して申し込みをする人が多くなっています。